京都の女性医師による女性のための医院 京都の池田産婦人科
京都の池田産婦人科
産婦人科・婦人科検診
女性泌尿器科・女性漢方内科
産婦人科・婦人科検診・泌尿器科・漢方内科

電話番号075-601-7276
〒612-8016
京都市伏見区桃山町養斉20-12 [MAP]
診察時間
9:30 - 12:00
14:00 - 16:00
17:00 - 19:00
  1. ●井上 真理子 医師
  2. 〇東 弥生 医師
  3. 福井 彩子 医師(泌尿器科)
  4. ◎予約診療(担当医 井上・東・衛藤美穂 医師)

女性泌尿器科

京都初の女性泌尿器科専門医による女性泌尿器科医院。一般的に泌尿器科は医師も通院する患者さんも男性が多く、「恥ずかしくて行きにくい」と感じている方がたくさんおられると思いますが、当院は女性だけですので是非安心してご来院ください。また、泌尿器科か婦人科かどちらに行ったらいいか分からないといった場合でも柔軟に対応させていただきますのでお気軽にご相談ください。

女性泌尿器科の診療

女性泌尿器科では、検尿と沈渣(遠心分離機にかけて沈殿物の顕微鏡検査)の後、残尿があるかどうかのエコー検査を行います。また、尿もれパッドテストなどを行い、「感覚」ではなく明確な診断を行うための検査をいたします。

場合によっては腎エコーや膀胱エコーを経て、尿失禁の精査や骨盤臓器脱の精査を行います。

当院は京都初の女性泌尿器科医院ですので、どうぞ安心してご来院下さい。産婦人科との併設、大学病院との連携で不安のない診察・治療を行うことが可能です。

主な診療内容

  • 頻尿
    頻尿

    頻尿の原因は多尿、膀胱炎、過活動膀胱、神経因性膀胱、不眠症、浮腫など様々ですが、原因によって治療法が異なるためその原因を調べることがとても重要になります。

    当院では患者さまの詳細な問診や尿検査に加えて、超音波検査による残尿量測定(排尿直後の膀胱内に残っている尿量)、排尿日誌(排尿時間や一回の排尿量などの記録)などによって患者さまの排尿の状態を詳細に把握した上で診断を行い、それぞれの患者さまに応じた適切な治療法(生活指導や薬物療法など)を提案いたします。

  • 尿失禁(尿漏れ)
    尿失禁(尿漏れ)

    尿失禁にもいくつかの種類がありますが、代表的なものには切迫性尿失禁(急な尿意をもよおして間に合わずに漏れる状態)と腹圧性尿失禁(咳やくしゃみなど腹圧がかかった時に漏れる状態)があります。当院では詳細な患者さまの問診、尿検査、超音波検査による残尿量測定、内診などによって尿失禁の種類を特定していきます。

    治療法は生活指導、骨盤底筋体操に加えて切迫性尿失禁では薬物療法、腹圧性尿失禁では手術が治療選択肢となります。重症度だけで治療法を決定するのではなく、患者さまの希望を聞きながら治療方針を決めていきます。腹圧性尿失禁で手術を希望された場合は、提携する大学病院へ紹介させていただき治療を行わせていただきます。

  • 膀胱炎
    膀胱炎

    (細菌性)膀胱炎とは、主に外尿道口から侵入した細菌が膀胱内で増殖し炎症を起こす疾患で、頻尿、排尿痛、残尿感、下腹部不快感、血尿といった症状が特徴的です。しかし、症状は人によって様々であり、膀胱炎と似た症状を引き起こす病気は他にもたくさんあります。また膀胱炎を頻繁に繰り返す場合には膀胱炎の治療だけではなく、原因の精査も必要です。

    膀胱炎の診断には尿検査が重要ですが、当院で行っている尿検査法は一般的に開業医で行われている試験紙法(尿に試験紙を浸して色の変化で診断する)だけではなく、診断精度の高い尿沈査法(尿を遠心分離した後、実際に尿中の白血球や細菌を顕微鏡で確認する方法)も行っています。また超音波検査により膀胱炎と同じような症状を引き起こす他の病気や、膀胱炎を繰り返す原因の精査も同時に行っています。

  • 血尿
    血尿

    尿に血が混じっていることを血尿といいますが、尿が赤くなり肉眼で判断できる血尿のことを肉眼的血尿、尿の色の変化はないが尿検査で血が混じっていると判断できる血尿のことを顕微鏡的血尿といいます。

    血尿をきたす原因には結石や膀胱炎、がん(膀胱癌、腎癌など)、腎臓の内科的疾患など様々なものがあります。血尿は腎臓や尿管、膀胱などの尿の通り道(尿路)に関連する病気の重要なサインの一つです。

    検査としては尿検査(試験紙法および尿沈査法)の他に、超音波検査により腎臓や膀胱の精査を行います。膀胱癌の精査を行う場合には尿細胞診(尿中に癌細胞がないかを調べる検査)も行います。

    超音波検査や尿細胞診などで何らかの異常を認めた場合には、CTやMRI検査、膀胱鏡(泌尿器科のある病院へ紹介させていただきます)などの精査を進めていきます。

  • 性病
    性病

    現在、殆どの性病は薬で治療が可能です。おりものに痒みや痛みを伴う場合には分泌物からカンジダ、クラミジア、淋菌などの検査と治療、外陰のできものの場合にはヘルペス、HPVなどの検査と治療を行っています。

    また性病の治療にはパートナーの治療も欠かせません。当院は女性同伴であれば、男性も泌尿器科を受診して治療の相談を受けることができます(男性は予約診療のみ)

女性泌尿器科での対応症例

  • 頻尿
  • 尿もれ
  • 尿のにごり
  • 尿失禁
  • 尿路結石
  • 残尿感
  • 夜尿症
  • 排尿痛
  • 排尿困難
  • 血尿
  • 膀胱炎
  • 神経因性膀胱
  • 過活動膀胱
  • 尿道憩室
  • 尿道カルンケル
  • 問質性膀胱炎
  • 骨盤臓器脱
  • 下腹部痛
  • 膀胱癌
  • 性病検査
  • 尿もれ骨盤矯正整体

など

女性泌尿器科へのFAQ

おしっこをすると痛いのですが、更年期など他にも相談したいことがあります。婦人科を受診しても良いですか?
どうぞお越しください。心配な症状はすべてお聞かせください。

池田産婦人科へのアクセス

京都の女性医師による産婦人科・泌尿器科
電話番号075-601-7276
〒612-8016
京都市伏見区桃山町養斉20-12 [MAP]

駐車場:
医院敷地に2台+軽1台
医院向かいの契約駐車場(葛山医院奥)4台
※駐車位置番号はお問い合わせ下さい

電車:
京阪電鉄宇治線「桃山南口駅」(中書島から2駅目)
※駅から南へ350メートル
※徒歩3分


top